ラブドールを販売する会社はここまで長く運営している会社も多い傾向にあります。それこそ一般的にラブドールなんてもの自体が存在していなかった頃からの話になると思うので、歴史もかなり長いと考えられます。おそらくラブドールが本格的に世に流通しだしたのが2000年頃からと考えると、その歴史は20年程度あることになります。インターネットが普及すると同時に認知されていった状況でもあると思うので、そのあたりからであると考えてしまって良いでしょう。雑誌などでに広告を出すことでしか販売ルートが無かった業界がネットの力を使う事でより広く
ラブドールの販売サイトを見ると様々な会社のラブドールを一覧で見ることが出来ますが、やはり気になってしまうのは値段です。とはいえ値段だけでも15~40万程度の金額幅もありそこそこ値段が張るものです。もちろんそれ以上の金額のラブドールもあり、50~60万ほどのものもあります。こういった金額で一覧のラブドール達を見ても分かるのが、より精巧に作られているか否かで値段が変わってくるということです。つまり、一般的なマネキンとは違いどれだけ凝った作りで人間に近いクオリティーで作られているかが値段のポイントです。分かりやすいのが、
昔はラブドールなんてものは一般的にはないものでした。もちろん、今主流のものの元祖と言われるようなラブドールが昔のものになるとは思いますが、特注か余程の愛好家でしか所有できないものであったでしょう。それこそ、昔はダッチワイフだとかオナホールと言われるような玩具が主流だったろうと思うので、あくまでも表面的なイメージを打ち出したものがほとんどだったと言えます。しかし、今は全く違います。まるで人であるかのように見間違えてしまうほど精巧に作り上げられているのです。人型の人形といえばマネキンがありますが、そこに可動性をプラスす
ラブドールでウェブを調べると様々なサイトが出てきます。多くは販売店のサイトや通販サイトなどですが、その他小さなサイトまで見てみると一風変わった雰囲気のサイト達に出会えます。多くが既にラブドールを購入されている利用者ユーザーのブログなどです。これらのブログを見ると非常に面白いのが、それぞれ思い思いの楽しみ方をしているということです。一番は、自分のラブドールを可愛く着飾ったりして何かしらの主張をしているサイトがほとんどです。ラブドールですから表現方法はかなり限られた条件ではありますが、自分の部屋でポージングさせてみたり