ラブドール自体の存在は認識しているもののウェブなどで調べてみると、何やら度ストレートに活用している人は少ないように感じます。良くあるのがブログですが、写真をアップしていたり、思い思いで楽しんでいる様子が伺えます。その他はラブドールを所有している人は数体のラブドールを既に購入済みのようで、違いを考察していたりと様々な状況です。良くあるケースとしては、ラブドールに好きな服を着せて格好を変えて楽しんでいるものです。とはいえ、コスプレさせたりアニメのキャラに扮したりするようなことをしているレベルでは結局は性処理の対象として
日頃からフィギュアや人形を収集していて、お店にも足を運んだり、同じ趣味を持つ仲間と情報を色々と共有をしたりもしているのですが、近頃はラブドールの世界がすごいことになっているようで、そのこだわりもかなりハイレベルなものとなっているようです。やはり昔ながらのダッチワイフとは全くレベルが違ってきていて、生身の人間が目の前にいるかのような錯覚に陥ります。ラブドールを世の中の人々がそれほど必要としているのかも正直疑問でしたし、そんなにもニーズがあるものかなとも思ったのですが、これが相当根強いマニアがいるようですし、歴史も意外
はい、気持ち悪いことです。というのも、仮に趣味として人形を眺め愛でる趣味のある真面目な年配の男性がいたとしても「そんな人もいるよね」と納得できるような訳もなく、客観的に考えて非常に異常なものです。人形を何かに重ね合わせて死別した妻に見立てているといった特別な理由でもない限り常識的に考えて、ラブドールを所有しているということは、おかしな状況となります。ぶっちゃけてしまうと、女性との接点がない男性が所有しているというのが世間一般の人の抱いている印象です。つまりは、女性と付き合ったこともないようなコンプレックスを抱えてド