ラブドールでウェブを調べると様々なサイトが出てきます。多くは販売店のサイトや通販サイトなどですが、その他小さなサイトまで見てみると一風変わった雰囲気のサイト達に出会えます。多くが既にラブドールを購入されている利用者ユーザーのブログなどです。これらのブログを見ると非常に面白いのが、それぞれ思い思いの楽しみ方をしているということです。一番は、自分のラブドールを可愛く着飾ったりして何かしらの主張をしているサイトがほとんどです。ラブドールですから表現方法はかなり限られた条件ではありますが、自分の部屋でポージングさせてみたり可愛くとれた写真をアップしてみたりと様々です。こういうブログなどでマイドールの情報を発信しようとする男性の心理は非常に単純かもしれません。好きなことをラブドールを出来ることを主張してその雰囲気をアピールしたいのではなく、どちらかというとラブドールを所有していること自体を所有者が『良いだろ!』と見得を張る場になってるのかなと感じます。確かに、実際に所有していなければ何もできない為、これから購入したいと考えている人からすると、参考にもなりますし魅力的に映るものでしょう。妄想でいくらでも楽しめる世界ではありますが、こういうものこそ、まだ購入していない未来のラブドール所有者からすると、余計に欲しくなってしまう要因の一つになっているのでしょう。髪型を変えてみたり、思い思いの服装をさせてみたりとか。大概、利用者は男性なので、服が上手く変えないのかイモっぽい装いのラブドールだったりするのが笑えてしまうのですけどね(笑。あと、凄いなと思ったのが、やはりラブドールですから見て眺めて楽しむだけではなく実際に使用しないことには始まらないわけで、人によってはラブドールとの行為を動画にしてアップする人もいたりいなかったり。そこまですると、羨ましいとかでなくて現実的な部分を見てしまって何か変な気分になってしまう気もします。あくまでも、個人で楽しむ部分までの想像/妄想を掻き立てる意味では良い目の保養になりますが、深いところまで色々な利用者がどう楽しんでいるかは知らない方が良いこともあるような気がします。どうしてもこういうブログなどを見ていると考えてしまうのが、所有者の人物像です。モテない40代くらいのチビデブハゲな男性が利用しているのかなと思ってしまうと、世も末だなとか思っていまします。刺激も強すぎると良くないですね。