ラブドールを販売する会社はここまで長く運営している会社も多い傾向にあります。それこそ一般的にラブドールなんてもの自体が存在していなかった頃からの話になると思うので、歴史もかなり長いと考えられます。おそらくラブドールが本格的に世に流通しだしたのが2000年頃からと考えると、その歴史は20年程度あることになります。インターネットが普及すると同時に認知されていった状況でもあると思うので、そのあたりからであると考えてしまって良いでしょう。雑誌などでに広告を出すことでしか販売ルートが無かった業界がネットの力を使う事でより広く一般社会に認識されただろうと考えられます。しかし、不思議なことにネット上の多くのラブドール販売サイトの多くが時が止まったかのように、今風のサイトの様相ではありません。そうです、販売店からすると、ホームページを立ち上げて販売ルートさえ確保してしまえば、とりあえずサイトが無いよりは売れると考えてしまっているからです。おそらく、実際にホームページ上で商品の写真を掲載したりすることで、商品に対するアピールの形はほぼ目的を達成している状況でもあるからでしょう。また、写真機やデジタル写真技術の向上によって鮮明な写真も掲載することができ、多くの購入者に正確な情報を提供することもできる状態にもなったでしょう。本来ウェブサービスによってビジネスが成立する仕事はそれほど多くはありません。ラブドールはまさにウェブ通販にマッチした商売なのです。さらに単価も高いとなると、様々なウェブ広告等も打ち出すことが出来ます。そんな恵まれた環境にアグラをかいているわけではないと思いますが、多くのサイトは作りがチープであり魅力的に感じられないものばかりです。何故なんだろうとと考えた時、ある一つの要因が思い浮かびました。それは、鮮明過ぎる情報は購入意欲を阻害する可能性があるということです。つまり、まだまだラブドールは作りも荒く精度が低い部分もあるのだろうということです。売る為に魅力的な写真を撮ってアピールすることはできても、実際の商品が満足いくものではなかったとすると、口コミや評判が広がるでしょうし、売れなくなってしまう要因にもなりかねません。まさに、購入者の気持ち次第で納得できるか否かは変化してきてしまいます。そういった懸念点をあえてぼんやりとさせるために、今もなお古めかしいサイトでの商品販売をし続けているのではないかと考えられます。もちろん、商品に最高の自信があればあとは売るだけです。そうなった時には、商品の魅力を打ち出しどんどん見てもらって注目してもらうだけになります。そうなるとホームページの作りが粗悪ではお客さんへの悪影響も出るため、サイトをリニューアルするお店も出てくるのでしょう。企業としてそういうステージに昇り詰めなければ変化も生まれない世界なのかもしれません。